ウコンと無添加石けんの出会い!

イーノお客様担当20年目の渡嘉敷光(40代)です。私は20代の頃からデリケートなかゆみに悩んでいました。色々試してみて、心も体も安心して毎日使いたいと思うものは、昔から使われていた安心な素材だったんです。

優しくしっかり落とす「石けん」、心強い「ウコン」

  1. 石けんの主成分は、パーム油とヤシ油
    パーム油とヤシ油、オリーブ果実油、コメヌカ油の植物由来のオイルの素地にこだわっています。肌に優しくてウコンとのバランスの良い配合を考えて、肌あたりの良い、しっとり感を保ってくれます。
  2. コールドプロセス製法
    熱を加えず、低温で30日以上かけて石けんを作ります。だから天然の潤いやウコンの香りを壊さず洗うだけでない、肌を守ってくれる石鹸になります。
  3. 肌をケアするために琉大ゴールドウコン!
    新品種琉大ゴールドウコンで、今までのイメージが変わったんです。ウコンって男性が飲むもので苦くて飲みにくいものだと思っていたけど、女性の肌にもいい感じ。

石けんでケアーできるの!?
肌トラブルが起きた時に「使うなら、ボディーソープよりも石けんの方がよい」と聞いたことがあるかもしれません。専門家の先生たちも色々賛否がある中で、この意見だけは同じようです。でも、石けんも色々な種類があって、自分に合ったものを見つけたい方へ、ぜひ読んでいただきたいです。

いつの間にか、ウコンの力、ウコンの優しさ。

ウコンの力で肌に潤い
薬とか、ボディクリームとかはどうしても苦手で、塗ってそのままにしておくと、あのベトベトが長く続く感じが嫌いなんです。下着や洋服にもついちゃうし…。でも、石鹸は無臭で泡を洗い流すと爽やかなのに肌がしっとりうるおうのが好き。悪いものを体に塗ってしまう罪悪感も気にしなくても良い。

ウコンの優しさで弱い肌でも、、
ニキビ、赤み、アレルギー、、、など肌が敏感、弱い方でもウコン石鹸は使えるんです。

いつの間にか、ケアーできてるんです。
・デリケートゾーンの悩みケアー
・洗い上がりが乾燥しすぎる人のための潤いケアー
・朝から続く肌感触の気持ち悪さをケアー
・汗ベッタリの気持ち悪さをケアー
・夕方気になるニオイをケアー

「ウコンの力だよ!」

いつの間にか、ケアーできてるんです。
・デリケートゾーンの悩みケアー
・洗い上がりが乾燥しすぎる人のための潤いケアー
・朝から続く肌感触の気持ち悪さをケアー
・汗ベッタリの気持ち悪さをケアー
・夕方気になるニオイをケアー

私だけ?って思ってた。
 20代に入ってから、ショーツ周りも蒸れやすくて、下着のこすれが刺激となりムズムズが治らないっ。しかも、濃い毛がイヤでカミソリや毛抜きなどで毎日処理をしていると、鳥肌のようなブツブツ肌に。

とっても痛くて誰にも言えなかった
実は、20代の頃ショーツ周りがとてもかゆくて爪で掻きすぎて、血が出てしまうほど痛めてしまい、 排尿の時に沁みて痛くて仕方なかったんです。でも、恥ずかしくて病院に行けずに、我慢し続けてほうっておいたら黒ずみがひどくなって…。もっと早く誰かに話せていたら何か変わったのかもと後悔していました。

優しくケアできるようたっぷりウコンの配合した「Veryウッチン洗顔石けん」。ふくふくの黄色い泡が気持ちいい。

健康な肌はまず洗うことから
汚れがちゃんと取れずに、毛穴がつまっている状態は、吹き出物(ニキビ)や皮脂分泌に関わる皮膚炎の原因の一つにつながります。過剰な皮脂分泌により毛穴がつまらないようにするために毛穴のまわりはいつも清潔でやわらかい状態に整えておくことが大切です。1日2回は丁寧に洗うことで古い(不要な)皮脂を取り除き、皮膚の代謝を促すことが、毛穴のつまりを防ぎ健康な皮膚状態を保つことにつながります。

日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医
みやぐに皮フ科院長
 宮國 均

ウコンと石けんの出会い
肌にとっても良いとされていたウコン。黄色の色素こそが、クルクミンなどの有効成分が豊富な証拠なんです。ウコンは古くから薬用として使われてきました。また染め物としてもキレイな黄色に染まる布で生活の一部で愛用されてきました。でも、「肌に使うとなると肌が黄色くなるのでは?」と心配されるお声を聞きます。実は、石けんにすることで黄色は肌に着色せずにちゃんと落とすことができるんです。

瑞々しいほどのジューシーな天然のオイルは鮮やかなオレンジ色(黄色)。でも、これが手についたらなかなか落ちないほど濃い色素をしています。生ウコンを使う時は、手も口の中もあちらこちら黄色に染まってます(笑)

7月美味しい!使ってよかった!感動写真、感想文コンクール開催します!

e-noでは、ウコン石けんを使ってみてよかったぁ^0^という満喫写真、お愉しみ感想文を募集しています。「何を使ってもイマイチだったのにウコン石けんは違ったよぉ」「最近石けんの減りが早いなぁと思ったら娘も使っていたの」というお話やこんなことにも使っているよと愉しんでいる写真などおe-noオリジナル商品で沖縄の素材を満喫している写真・感想文をお待ちしております!

「汗っかきの子もウコン泡が大好きです」 K.T.様(30代)
手持ちの扇風機と保冷剤が欠かせないほどの汗っかきの子で、よく腕や足の付け根に垢が溜まりやすいんです。そうするとニオイがキツくなるので、毎日ウコン石鹸で洗っています。スッキリ綺麗に、肌を痛めずに使えるので気に入っています!

「うちに帰ったら息子がっ😂」
ある日、家に帰ったらすごい事になっていました‼️ウコン石けんのふくふくの泡で、出し忘れて臭うおしぼりを洗ってる人がいました。いつもは、息子の汗のニオイや足のむぅ〜んとしたニオイをスッキリさせるために大事に使っているウコン石けん。息子もおしぼりのニオイが気になったんですね…。おしぼりを洗ったあとニオイ取れてましたー♪

「暑い日でも…」N.N様(沖縄県)

Veryウッチン石鹸の特徴

自然派石けんです。
幸せの黄色い石けんは、ウコン根エキスやパーム油、ヤシ油、コメヌカ油などを使った自然素材でできた石けんです。

香料は使っていません。
昔々、ウコンは染料として使われていた時代も。実はそれだけでなく、ウコンの匂いは虫は嫌いなので、寄せ付けないと言われていました。その香りをそのままに使うことで、、、、、

原料はシンプルに
ウコンの良さをちゃんと入れたくて、ウコン粉末と石鹸素地を少しずつ少しずつ 職人の手で加えて混ぜていき ます。ウコンと石けん素地のみのシンプルな素材です。

顔にも頭を洗うときにも使っている方がいます。
最初はウコンを体を洗うだけに使っていたお客様。その後、お肌に使うと吹き出物が出にくくなった方がいたり、頭を洗うときに使うとお子様の汗の匂いが気にならなくなったり、全身に使う方も増えています。

垢が溜まりやすい耳の後ろも洗ってスッキリ。
ガサガサしやすい肘もウコンの精油でしっとり。
かかとの黒ずみ、硬くなった角質にも期待がもてます。
汗のニオイもウコンの抗菌力と自然の泡でさっぱり洗い流す

無添加・ウコン石けんのこだわり

ウコンには天然の精油が多く入っています。だから、肌がしっとり滑らかに
昔から世界中の食卓で愛されているウコン。沖縄でも、薬のように飲んでいた時代も。私たちが出会ったウコンの新品種、琉大ゴールドウコン。なめらかで爽やかな味は、体と心を起こしてくれるような、スッキリの持続が魅力です。
自然豊かな沖縄の燦々と降り注ぐ太陽と栄養いっぱいの土を活用した、無農薬、有機栽培でエッセンシャルオイルたっぷりの琉大ゴールドウコン(沖縄生まれの秋ウコン)。

一つひとつ時間をかけて手作りなんです
〈コールドプロセス製法〉
石けんのベースとなる植物油脂をはじめ、副材として配合する植物エキス、植物末、天然色素などは熱に弱い成分もあり、高温で加熱するとその天然成分が破壊されてしまうことがあります。 コールドプロセス製法なら熱をかけず、低温で石けんを作るため、油や熱に弱い成分などの美容成分を壊すことなく、石けんに丸ごと閉じ込めることができます。
コールドプレス製法は、油脂が劣化しないことや、副産物であるグリセリンが含まれた石鹸に仕上がることもできて、 保湿成分がたっぷりで優れた保湿力や肌の水分をキープすることができます。

ウコン(炎症を抑える)と毛の濃い私
このページで紹介したいのは、私、渡嘉敷光がウコンと出会ってから、落ち着いた話です。今までウコンといえば、お酒のために飲むものだと思っている方、、、ウコンの嬉しいは実はそれだけではないんです。特に、沖縄ではウコンの活用法は様々なんです。

沖縄では困った時はウコンが頼り

沖縄は、「医食同源」の考えが根強く、食べるものはすべて血となり肉となり、しかも薬となると考えていました。昔は、みんな自分の屋敷に「アタイ」と言って畑があり、小さくてもフーチバー(よもぎ)、アロエなど野草が植えられていました。その中の一つがウコンです。

1.インドの哲学アーユルヴェーダでは、

皮膚に有効なハーブ・スパイスの一つとして、ウコンの肌への作用を「皮膚病や肌色をよくする」としています。
またウコンには殺菌作用や解毒効果があるとされています。そのためスパイス以外にも健康や美容目的としても日常的に取り入れられて重宝されています。

2.素材100%のウコンタブレットを作ってきた会社だからできた!

某大手メーカーがドリンくタイプを出したことで、一気に火がついたウコンですが、実はウコンは水に溶けないって知っていましたか?有効成分のクルクミンだけをアルコール抽出という形で、配合に成功したものです。残念ながら、私たちe-noにはそのゆな高額な技術を入れるだけの機会もなければ、お願いすることも不可能です。逆に、ウコンの根っこをそのままを手軽に簡単に摂ることはできないのか?そこで生まれたのが、私たちのウコンです。
そして一番のこだわりは、ウコンだけを粒にできないのか?ということで、普通は硬い粒にするために、凝固剤を使わずに固めることに成功し、その製法で25年近く販売してきました。
これからも、そのこだわりを続けていきます。

ウコンに天然の精油が多く入っています。

ウコンの根茎には、約5%前後もの精油成分が含まれており植物の中でも高い含有量となっています。

古来からある『大病予防の薬草』

モハメド・アムザドホサイン教授 
琉球大学農学部亜熱帯 フィールド科学教育研究センター教授
2014年から共同研究開始

ウコンの歴史は4千年前のインドから始まっています。その頃、医者も殆どいなければ、薬もあまりなく、何か病気がある時は健康対策のために色々な身近にある植物を活用し、中でもウコンは特に効果的でした。使い方も様々で、体が傷ついた時は殺菌のために傷口に塗ったり、お腹が痛い時は擦って飲んだり、お湯に入れて飲んだり…日常的に摂られてきました。ここ20年で世界的にも注目され研究が進んでいますがウコンの成分は総合的には全て健康に良いと言われています。

ウコンは体内も「肌」もキレイにする特別な食材

プラビン・クマールさん インド料理 レストラン「ラージャ」 那覇市牧志

ウコンがスパイスの中心であるカレーは、食べると汗が出てきますね。ウコンが身体に入ると詰まっている毛穴からすごく小さい見えないゴミ、悪いものが出たようで体が軽く感じるという人もいます。ウコンは身体をキレイにして幸せにする人生のスパイスだと思います。

「洗っているのにケアしているみたい」お客様から嬉しいお声です

毎日、お客様とお話しをしていると、「こんな使い方でもいいのかな」「肌の弱い私でも大丈夫かしら」などのご不安をよく聞きます。その方のお声を大切にしながらサポートをさせていただくと、「なんか良い感じだよ」「使ってよかった」と嬉しいお声が届いています。

「汗っかきの息子の頭皮のニオイがスッキリ」
H .Y様(京都市)
ウコンには、自然の抗菌力があると知り、汗っかきの当時7歳の息子と一緒に使ってみようと思ったんです。息子は、気温が10度くらいでも、お友達から「頭濡れてるよ」って言われるくらい汗をかくので、酢っぱいニオイが気になっていました。抗菌薬入りのシャンプーでも改善せず、何より刺激が強いものを子供の肌に使い続けるのも気になっていました。それが試しにウコン石けんで頭皮を触ってみても、ツルツル、キュッとしていてさっぱりしていました。この石けんは、菌が発生しやすいところに期待が持てますね。ウコンの自然の力は凄いですね。

「今まで色々試してきたけど」
73歳 女性(沖縄県)
孫の肌の調子がずっと悪く気になっていたのでウコンだからいいものかなと思ってお電話しました。「これまで詳しい人に相談したり、石けんを使ったり、色々試しているのになかなか思い通りにいかなくて…」とスタッフの方に相談すると「他のお客様からも同じようなお声が多く、ぜひウコンの石けんがお役に立てれば!」と言っていただいたので使ってみることにしました。届いてすぐ孫に使わせると、肌に合ったようでとても喜んで「追加で送ってほしい」と言うのでまた注文しました。

「なかなか取れなかった足の臭いが」
T様(沖縄県)
9歳の息子はいつも、学校が終わったあと裸足で遊び周り、その足のまま靴を履いて帰ってくるので、すごく足が臭っていました。迎えて帰りの車の中でも、何も言わなくても「あ、今靴を脱いだな」と分かるほどでした。周りのお母さんに聞いても「男の子はみんなそうだよー、特に汗の臭いはねー」と言うのでそんなものなのかなぁーと思いつつも、洗うものも、結構いい香りがするものを使うようにしていましたが、お風呂から上がっても下の妹から「お兄ちゃん、ちゃんとジャブジャブした〜?!」と突っ込まれるほど。そんな時に、ウコンの石けんのことを知りました。ウコンは自然のハーブみたいでいいかな?と思って試しに息子にも使ってみようと思い、早速実行。お風呂から出てきた息子の足を確認してみたところ、今まではとは違う!ウコンのいい香りで、なんとなくすっきりした感じ…。それからは下の妹からも突っ込まれることはなくなり、とても喜んでいます。

「これは魔法の石けんねぇ?嘘みたいに違う! 」
K様(70代 沖縄県)
体中カサカサ…、洋服が肌に少し触れるだけでもムズムズするので家ではいつもノースリーブで過ごしていました。海に浸かると皮膚が丈夫になると聞いて主人と一緒に朝の海に浸かりに行くなど3年前から色々と試してきましたがなかなか満足いかない。手の届かないところは孫の手を使い、主人がいる時はお願いするのですが何度も頼むとケンカになることも。それがウコン石けんを使ったその日に、『嘘みたいに違う!魔法の石けんねぇ?!』と思ったほど。もっと早く出会いたかった!

「家族で大絶賛!」
N・Y様(40代 沖縄県)
小学5年生の次男は肌が弱く、さらに寝ている間は無意識に触ってしまうので気になっていました。でもあまり強いものには頼りたくないし…。と困っていたところ、知人の勧めでウコン石けんを使ってみたところ「これは違う!」肘、膝の裏、お腹周りのムズムズも保湿クリームだけで十分になり、本当に感謝しています。さらに長男も使ってみたところ、ウコンの泡で洗うことで、おでこやアゴのニキビが防げているようで、家族で大絶賛です!いろんな人に勧めています。
                               ※個人の感想であり効果効能をうたうものではありません。

実は私もハマっています。
そこで、毎日の顔の洗顔をするように、入浴時に体を洗う時には、皮膚の薄いショーツ周りは優しい「Veryウッチン石けん」でウコンエキスがしっとりといきわたるように洗ってみました。優しいのがわかるぐらい、洗ってもヒリヒリしないんです。ニオイもあまり気にならないほど。本当に優しいものに出会えたんです。

ショーツ周りの洗い方をイラストで解説しています。身体の仕組みや洗い方を正しく知ることから始めてみませんか。
「洗い方」詳しくはコチラをクリック

ちゃんと泡立ちます。
見た目は黒いですが、これこそウコンの成分

ウコンの魅力はこちらのページをご覧ください。

新着情報
お客様からの、Happy❤️Voiceが届きました!
・2023年9月5日(火)
「猛暑続きで大変でした」
猛暑続きの夏でしたので、汗が凄く大変だった。ウコン石鹸のお陰で痒みや肌に湿疹なども出ずにスッキリ過ごせました。ずっと続けていきたいです。

・2023年9月1日(金)
「全身の湿疹が…」
持病の薬服用で頭皮、顔などに湿疹があって困っていました。刺激の弱いベビー石鹸を使ったりしたけどイマイチ。ウコン石鹸を頭皮から全身に使ってみたら、少しづつ良くなってきたんです。

・2023年8月30日(水)
「夫婦ゲンカも肌も落ち着く」
今でも仲良く一緒にお風呂に入るほど仲良し70代のご夫婦。「幸福の黄色い石けん」は、全身をモッチリ泡で洗うこともできるので、乾燥も落ち着き夫婦ゲンカも減ってきているさぁ。

・2023年8月10日(木)
「あのアカギレが嘘のよう」
何をしてもダメだったアカギレ。「仕事上、仕方ないかなぁ」と諦めていました。ススメられて使ってみると、人前に手を出しても恥ずかしくないほどに。

・2023年8月4日(金)
「皮膚のトラブルで困っていた私が…」
5、6年前から皮膚のトラブルで困っていて、どこのクリニックでも歳のせいと片付けられていました。だけど、「幸福の黄色い石けん」を使ってみると、今では肌がしっとりしていい状態です。
※個人の感想であり効果効能をうたうものではありません。