e-noってどんな会社?
「e-no(イーノ)ってどういう意味?」名前の由来をよく聞かれます。
うるおいに満ちた海の中でも、サンゴ礁の浅瀬が広がり、海藻や魚、貝類など青や黄色の色とりどりの生き物がすんでいる浅瀬のことを、 沖縄の言葉でイノー(海畑)と呼んでいます。ゆったり、ゆっくり、癒しの場所イノー(海畑)からe-no(イーノ)と名付けました。
実は、e-no株式会社は、生まれて4年目にあたります。それまでは、沖縄教育出版という出版社の名前を持ちつつも、沖縄の素材を生かした健康食品、化粧品を通信販売でお届けしてきました。 沖縄教育出版という名前は、創業当時、先代の川畑保夫が、沖縄の歴史、海中図鑑、子ども詩集などの書籍の出版を始めた事がきっかけでした。 しかし、先代が38歳で腎臓ガンを患い、その時に沖縄の健康食に目覚め始めた事業で、どんどんお客様が増え、そちらの比重が大きくなり、今に至ります。 働いている職員が良いと思った商品だけをお客様へ届けるというスタイルは創業当時から変わりません。

その結果、ハイ・サービス日本300選を受賞したり、日本で一番大切にしたい会社でも取り上げていただきました。
「ハイ・サービス日本300選」受賞
サービス産業生産性協議会が経済産業省、中小企業庁などと連携して、人材育成や地域貢献などの先進的な取り組み(ベストプラクティス)を表彰する。 人材育成部門での優良事例として表彰されました。

「日本でいちばん大切にしたい会社」だからこそ、私たちが一番大切にしたいのは「つながり」です。

 2010年1月に発行された『日本でいちばん大切にしたい会社2』(あさ出版)で(株)沖縄教育出版が紹介され、国内外から大勢の方が当社の朝礼見学に訪れるほど反響を呼びました。

「株式会社ブロックスDVD教材・DOIT!」をはじめ、e-noのビジネスモデルは、書籍や映像など、多くのメディアでご紹介いただいています。