この1包で、いつの間にかすっきり

乳酸菌玄米は、お米由来の植物性乳酸菌と玄米ヌカのヘルシーな発酵食品。
玄米と沖縄素材のやさしい甘さの中に、ほんのり生姜が香る素朴なおいしさ。
サクッサクの食感は、噛めば噛むほど満たされる。

乳酸菌玄米は沖縄生まれの顆粒タイプの発酵食品で、サックサクの食感が魅力。
噛んで食べるのが一番おすすめです。もちろん、水で飲んでも、好きなものに混ぜてもOK。
いつでもどこでもシーンを選ばないから、毎日さりげなく寄り添ってくれます。

沖縄の自然の恵みがギュッ × Wの発酵の力

沖縄の豊かな自然の恵みをたっぷり受けた食材、もずくやパパイヤ、黒糖、生姜、紫ウコンに、女性に嬉しい大豆が1包にギュッと詰まっています。
さらに、完全栄養食と言われるほどビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富な玄米ヌカを相性の良い植物性乳酸菌で発酵させることで栄養素のパワーがさらにアップ。2つの発酵の力が出会った奇跡から誕生しました。

香ばしくサクッサク軽い食感の食べやすさ

口に入れ噛んだ時に感じる素朴な香ばしさとサクッサク食感。
まるでお菓子のようなやさしい甘みの中に、ほのかに感じる生姜の風味は、ヨーグルトや乳酸菌飲料が少し苦手な方にもおすすめ。

お口に入れて噛むのがもっとも美味しい食べ方です。
お好きなスイーツやドリンク、サラダやスープに混ぜてアレンジも楽しめます。

乳酸菌玄米と一緒の毎日でいつの間にかすっきり

「何をやってもダメなのかなって思ってたけど…。なんだ、私、食べるタイミングが悪かっただけなんだ」
「自分では無理って思ってたけど、私の体ってちゃんと自分の力で復活できるんだ」
「三日坊主の常連だと思っていたけど、私、続けられるじゃん!」

いつの間にかどんどんすっきり、ワンランク上の毎日へ。

朝食に

朝起きて最初に飲むコップ一杯のお水と一緒に1包。おなかが自然と動いて朝からすっきり。
いつものスムージや、牛乳とトーストしか食べれない忙しい日の朝食と一緒に、沖縄の植物の恵みと発酵の力を上手に取り入れましょう。

小腹が空くランチ前に

ランチまでまだ時間があるのにお腹がグーとなったりペコペコの時、チョコレートやクッキーをつまみたくなりますよね。そんな時はガマンせずに食べて、乳酸菌玄米も一緒に1包。ゆっくり噛めば噛むほど満たされるので、お菓子を食べ過ぎず、いつの間にか落ち着きます。

忙しいお母さんたちにもおすすめ

お母さんは「朝から時間に追われて、食べる暇なんてない」「自分のご飯より、家族のご飯のことばかり」。そして、小腹は突然空いてくる。いったん気づいてしまったら、集中できない。イライラ始まる。何を食べても、何を飲んでもごまかしてもおなかは正直。サクサク乳酸菌玄米を使った 沖縄の「新」食スタイル

モグモグタイムは突然に

朝でも昼でも夜でも、突然やってくるお母さんの「ペコペコ」や「グ〜〜」を、さりげない1包、乳玄モグモグタイムが心強い味方となって応援します。

どんなお母さんでも、すぐできる。空腹にしない食リズム
小腹が満たされると、イライラはどこかへ。ドカ食いも減ってくるから、気になってた体のボディーラインもスッキリ。食事前にお菓子を食べすぎないから、ちゃんとご飯も食べれるように。

トイレの後、すぐに体重計に乗ってみると、日々ちゃんと減っていくような気がする。ちゃんとスッキリ出るの実感があるから、このまま数ヶ月後には、ジーパンも、タンクトップも昔のように楽しんではけそう!

サクッサクのかるーい植物性乳酸菌
噛めば噛むほど、小腹満足
1包たったの7.54kcal
食べるほどに食リズムが整う
好きなお菓子と一緒に食べる

好きなドリンクと一緒に食べる

食べてストレス解消、でも、、、
毎日、子育ても仕事もイライラすることも多いから、お菓子をつまんで落ちつくけど、後で後悔…。ガムでごまかせず、やっぱり食べてしまう。コーヒーも飲み過ぎるとお腹がタプタプ気持ち悪い。人に、モノに当たらないようにするために、食べて発散しているだけなのに…。一人で解決しようにも、食べていくうちに気持ちやお腹が落ち着くのを知ってしまったから、それで丸く収めてしまう。でも、ちゃんと丸くなってる。。。

そして、訪れた悲劇。長寿日本一から脱落した沖縄

私たちがいる沖縄では、働き世代の健康が懸念されています。沖縄では昔は小腹が空くと、黒糖、サーターアンダギー、ポーポー、タンナファクルーなど素朴なおやつが中心でした。でも、今はどうなっているのか? 社内でも様子を聞いてみると…!

【1. ストレス間食】ストレスお菓子食べて発散。帰りの車の中でもボリボリ!

制作チーム 富山(40代)
周りによく笑われるけど、コレが好き。仕事中のイライラモヤモヤ、表には出さないけど、色んなものを溜め込む私は、食べてストレス発散! 職場では音の出ないお菓子をパクッ。夕方、帰宅中の車では我慢できずにボリボリ♪ 家では子どもに見つからないようにこっそり。食べ過ぎるとおデブまっしぐらだから控えてるけど、一度食べちゃうと美味しくて 、ストレス間食止まらなくなっちゃう〜。

食リズム応援隊 新垣 多美子(40代)
富山さん、ボリボリ、止まらなくなりますよね〜。ストレスで食べちゃうのはあなたのせいじゃない。実は、我慢しなくても食べるリズムを変えるだけで良くなることがあるんですよ!

【2. ストレスドカ食い】緊張感から解き放たれ、夜ドカ食いしてしまう

システム・営業統括担当 荘司(40代)
毎朝、会社の鍵開けをするので朝の出勤が早いです。重要なデータ資料の作成やサーバーの動作確認など、常に緊張感もあります。朝からコンビニの弁当を食べ、昼休みは前半に仮眠をとった後、注文した弁当や手軽に食べられるそばやパスタをさっと食べる。小腹が空いても我慢はできるのであまり間食はしません。でも、なぜか体が横に大きくなってきてる〜。炭水化物や油物? 帰宅後、お腹いっぱい食べて飲んじゃう夜のドカ食いのせいかな?

新垣)荘司さん、それって、食べるリズムを変えるだけで良くなっていきますよ! 軽やかな体でフルマラソンを連続完走するのが目標だって聞きました。みんな期待してます。

【3. プレッシャー間食締め切り前のプレッシャー、16時頃、食べたくなる!

制作チーム 川満(40代)
朝食は食べない日が多いです。今日で資料のデータ入稿、締め切りは絶対!そんな日は昼食が遅くなる時も。締切のプレッシャーには負けたくないから、集中力が切れる時や夕方16時頃に食べたくなる。事前につまむものを買っておきます。量が丁度よくて力がすぐ出る感じ。でも、夕食やご褒美ビールも美味しく飲みたくて、カロリーが気になるから2個目はなんとかガマンしてるけど。本当は他のものでどうにかしたい…。

新垣)川満さん、締め切り前のストレス、あるあるです! 集中力切れるよりは…って思うけど、カロリーも考えちゃうよね。そんな、何かをつまむ時に、一緒に食べていると食のリズムがいい感じに整っていく方法があるんですよ!

我慢しちゃうあなた
その忍耐強さ、自分をコントロールできる人、憧れます。耐え続ける中でも少し甘えて、夕方帰宅時につまんだり、食事前につまみ食い。だって、ストレスがあってもここまで我慢したんですから、それくらいは許される。ただ、いつの間にか食べ過ぎて、肝心の食事の時間にあまりお腹が空かなくなっていませんか?

どうしても食べてしまうあなた
だって、朝からストレスを抱えながらも笑顔で働き、家では家族のこと、料理、洗濯、片付け、持ち帰った仕事のことも考えたら、早いうちに我慢せずに食べた方がいいに決まってる。でも、ちょっと食べ過ぎ? 最近どうもお腹に溜まりやすくなってることってないですか?

ガマンしなくていいんです!
リズム栄養食は、無理して食べるのをガマンしなくていいんです。食べるリズムを変えるだけで良くなっていく。食べるリズムを食べて整える、今の時代にあった新しい食のスタイルです。

もっと知りたい方〜!」 「「「はい!」」」

リズム栄養食 その1] 
食べて整えるから「ちょっと自分を甘やかしてもいい!」

リズム栄養食と一緒だと、お腹も気持ちも落ち着くから・・・
菓子パン、お菓子が2個、3個と手が伸びるのが、いつの間にか減ってくる!心と体に溜まっているもの、全部出てスッキリ!

リズム栄養食 その2] 
食べて整えるから「いい感じが続く」

リズム栄養食は簡単。自分のスタイルで続けられる。罪悪感がないから・・・
時間がない時もさっと食べて、いつの間にか続いてる!お腹も体もいい感じ!

リズム栄養食 その3] 
食べて整えるから「ココロ・カラダ落ち着く」

うちなーぐち(沖縄方言)バージョン

リズム栄養食はヘルシー。我慢しないで食べていいから・・・
食べれば食べるほど、イライラも食欲も無理なくいつの間にか落ち着く!

沖縄の食文化から

昔から沖縄では、畑仕事の合間やおやつに黒糖や玄米を飲む文化や、畑のパパイヤ、ゴーヤー、ウコン、海の恵みのモズクなど、カラダにいいものを日常的にとってきた。家族のためにはもちろん、自分自身もいいものを…って思いますよね。

歳を重ねるごとにその気持ちは増すけど…。正直、なかなか時間をかけては作れない。だからこそ生まれた、いつでもどこでも手軽にとり入れられるリズム栄養食!

Wの発酵の力 × 嬉しい自然素材がギュッっと1包に!
沖縄生まれのニューゲン(乳酸菌玄米)は、沖縄野菜、海藻、発酵玄米エキス、植物性乳酸菌340億個入り

そして、1包たったの7.54kcal、低カロリー♪
でも、7.54kcalって一体どれくらいなんだろー???

ヘルシーフード好きな女子が食べてたドライフルーツとナッツのミックスだと・・・
たったこれだけ。
つまみやすくて、つぎつぎ口に入れちゃうビターテイストのチョコは・・・
1粒くらい。
みんな大好き、あのチョコバーだと・・・。
えっー! これだけ!?
ちょっとカラダにいいもの食べよっかなーって思った時の低GI食品バー・・・
あら〜、少ない。
隠し味の練り餡がクセになる、あのサクサクしっとりクッキーだと・・・
一枚ですらない
いつ食べても美味しい塩おにぎりは・・・
一口より少なーい!

リズム栄養食の中でも、イチオシの”ニューゲン(乳酸菌玄米)”なら・・・

カロリー気にせず、ガマンせずに食べてもいい! 
ほんの少量に、沖縄の栄養とWの発酵の力(植物性乳酸菌&発酵玄米エキス)入りだから、、、
食べれば食べるほど、体が軽い、体の調子も整う!

朝、家族を笑顔で見送れるのが嬉しい!
「いい一日のスタート」ってどんなこと?
 私にとっては、ちゃんと朝ごはんを食べて、家族を「行ってらっしゃい!」と笑顔で見送ることです。だからこそ、自分自身が朝から心も体も元気で笑顔で過ごしたい。

イーノお客様担当20年 新垣 多美子(40代)
小2、小5、中2の食べ盛りの3人息子の母

笑い声が消えた食卓。私が食を見直そうと思った息子の一言

私が家族の食を見直すきっかけとなったのは、当時4歳の次男の原因不明の全身の発疹と、この子からの一言。痒みで夜も眠れない日が何ヶ月も続き、かんしゃくもひどく、おなかの調子も悪くてトイレで泣くこともしばしば。
病院を回り、シーツ、洋服、石鹸も変えました。いろいろな健康食を試しては変え、家族にも負担をかけ、完璧に出来ない自分を責める。そんな時の一言でした。「最近、お母さん笑わないね。」

朝の食リズムが整うと、家族のスマイルも増える!

だからこそ、気持ちと繋がっているおなかや体を整えることを大事にしたい。我が家では、手軽に頑張らずに食リズムを整えられる『リズム栄養食』を取り入れています。体にいい玄米ごはんも毎日しっかり炊かなくてもオッケー! 簡単な玄米ごはんのレトルトパックも利用するし、発酵玄米や乳酸菌、沖縄の栄養が手軽に取れる「乳酸菌玄米」も食事やおやつに添えています。イライラもやもやの時食べちゃうお菓子もガマンしないでOK。乳酸菌玄米を一緒に食べているうちに心とお腹が不思議と落ち着く。
すると家族にもスマイルが増えてきました。11歳になった次男は、今では肌も落ち着き、トイレにこもる日も少なくなっています。

小腹が空く前にお水でゴックン、甘いものを食べてる時に一緒にサクサク。香ばしい風味が好きなら噛むのもおすすめ♪. いつでもどこでもフリースタイルでOK。

ヨーグルトに混ぜると「動物性」&「植物性」の乳酸菌パワーがW(ダブル)で取れる。ヘルシーなのに小腹が満たされ、食リズムもお腹も整う。きなこ、はちみつ、ニューゲンは相性バツグン!試してみて。

朝食を食べられない朝、手間をかけずに野菜ジュースや好きなドリンクと一緒に。体とお腹がスッキリ目覚める実感。1日のスタートのリズム整う。

寒い日にはあったかい白湯に入れて。お腹の中から温まり、心と体のリズムじんわり整う。

ちょっと自分を甘やかしたい日だってある。冬、暖かい部屋で食べる「罪悪感ナイスクリーム♪」大好きなものを食べながら、体に嬉しいことを一緒にいかが。

新着情報 お客様の声♫

・1/11(木) 「小腹が空く夜食の炭水化物が減った!」(神奈川県、I様、80代)
「夕食を早めに食べますが、遅くまで起きるので小腹が空いて、以前はお菓子やミニラーメンを食べてしまい太るのが心配でした。今は小腹が空いたら乳酸菌玄米をヨーグルトに入れて食べています。寝る前に炭水化物を取らなくなったのが嬉しい」

・12/18(月)「多忙なママの朝のスタートの活力に!」(宮崎県、S様、40代)
「朝は3人の子どもの支度と朝食、夫婦の弁当を準備するのに精一杯。朝食は座って食べる時間はほとんどありません。栄養もきっとおろそかになってる気がして、ニューゲンと何かしらの飲み物を一緒に飲む日もあります。快調で一日のいいスタートが切れる感じです」

12/15(金)「おやつの代わりにサクサクポリポリ」(神奈川県、U様、80代)
「つい甘いものを食べちゃうんだけど、ニューゲンを食べればいいんだなと思って。ニューゲンは、ご飯にふりかけみたいにかけたり、納豆やサラダにかけることもあるし、おやつの代わりにサクサクポリポリ食べることもあって私には手放せません。検診でも褒められました」

ガマンしなくていい! 食べるリズムを「食べて整えるリズム栄養食」のイチオシ、沖縄生まれのニューゲン(乳酸菌玄米)は食べるほどに、体が整う、体が軽い!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E3%82%AA%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC1-1-1024x812.jpeg

イーノの私たちも、リズム栄養食を楽しく取り入れながら、ちゃんと食べて心も体も整えています!
お互いに食事の様子や、食べてストレスを発散している時の気持ちを聞いて、いろんなタイミングで取り入れています。
▶︎イーノの様子はコチラから

それでもやっぱり食べたいあなたへ

手軽で美味しい「ご馳走玄米」
リズム栄養食もいいけれど、やっぱりしっかり食べたい時もありますよね。そんな時は、自宅の冷蔵庫やストック品を乗っけるだけで一食で満足の「ご馳走玄米」が嬉しい♪ テレビでも行列のできるおにぎり専門店が注目されていますが、これなら自宅でも簡単!玄米ごはんだから、ヘルシーで満足感もUP!あなたはご馳走玄米、どんな風に楽しみますか?

アイディアご飯も随時、ご紹介します。
「ご馳走玄米」簡単レシピは▶︎コチラをクリック

イーノお客様担当20年の新垣 多美子です。20年の間に、結婚、出産、3人の息子に恵まれ、今は小学2年生、5年生、そして中学2年生と、食べ盛りの時期。食事を作るのは好きです。でも、それぞれの子どもたちの塾や部活の送迎、習い事の付き添い…成長とともに家族の生活リズムがバラバラに。

自分の食リズムがどうなってるのか、食リズム日記を書いてみました。

2023年10月27日(金)
朝のリズムが一日を制す

7:00 ヤバイ!😱時計を見て飛び起きる。主人は出張中。朝5時台のアラームを止めたのは私だ。
時間を巻き戻し検証。前の晩…

21:30 運動会練習で疲れた次男、三男の添い寝。 15分後、長男の塾の迎えへ。
23:30 諸々の片付け後、眠くて仕事が捗らず寝落ち。諦め就寝。
2:30 畳にゴロ寝していた長男に気づき、起こして寝室へ。
3:30 背中を蹴られ、寝相の悪い三男を元の位置へ。
4:50 トイレに行きたい次男に起こされる(早朝は怖いらしい)。
   アラームが鳴るまでのあと数分…睡魔に負けた。そして、朝7時!!

こんな日に限って炊飯器は予約の押し忘れ。食パンとあり合わせのおかずを子ども達へ。慌てて作った夕食も今日はかなりテキトーなメニューに(許して〜)。
立ち食いモーニングも出来ず、それぞれを送り出し、車内で仕事の段取りを考え、信号待ちで乳酸菌玄米をサクサク。私のリズム整え〜! ギリギリ到着(あれ?いつもと同じ?)。
エレベーターの扉が開いた瞬間には、朝のゴタゴタは忘れて仕事スタート。チームメンバーの協力でアクション目標達成。終わりよければ全てよしの一日。😆 でも、気をつけよう…。
今晩は炊飯器のスイッチとアラームのスヌーズ確認もバッチリだ。

※ブログへのコメント、あなたのリアルな食生活など、ぜひ聞かせてください! ▶︎クリック

2023年10月17日(火)
誰のせい? 食べ続けちゃう、リモートワーク

コワイ、こわい。今日の私は朝から晩まで、食べ続けている。😱
お腹は空いていないはずのに、口寂しくなると、ついついアレやコレやに手が伸びる。きっとストレスのせいだろう。そうだ、私のせいじゃない。

息子たちが次々に熱を出して寝込み続けた数日間。最初の数日は主人も不在。食事、洗濯、消毒、病院と、感染予防に神経を尖らせながら3人の看病が続き、睡眠不足でとにかく疲れた。
体調が落ち着いた後半はリモートワーク。自分で時間を決めて色々できる良さもあるけど、よほどでないと仕事のメリハリも食リズムもすぐ乱れてしまう。

子どもたちが食べ飽きた卵粥、うどん、パスタ、不評だった方のゼリー、菓子パン、せんべい、みかん、アイス、チョコレート…。食事なのか間食なのかも分からない。
リモートワークが多い方は、誘惑にどう打ち勝っているんだろう。明日からフル出勤なのに体が重い…。😓 働き方改革と食リズム改革は一緒に進めてこそウェルビーイングだ。

※ブログへのコメント、あなたのリアルな食生活など、ぜひ聞かせてください! ▶︎クリック

🌺<過去の食べる日記>
   ・2023年10月8日(水)小5に言われて気づく、野菜皆無の一日
・2023年10月4日(水)テイクアウトランチ& 5時から夕食、ばんざーい!
・2023年9月30日(土)十五夜獅子舞のど迫力に、焼き鳥食べる手が止まる
    and more…

とはいえ、毎食3食決まった時間に食べるのが良いって言われても・・・
成長期の子ども達には3食ちゃんと食べてもらうことを大切にしています。でも、自分はというと…分かっていても、そうしたくても、今の時期は本当にムリ。どうしても食べるタイミング、食のリズムが子どもたちの成長とともに、狂ってきてるのは分かってるんです…。

わたしの食べるリズムを整える
習い事の送迎や学校行事に合わせ、時にはリモートで仕事をしながら、子ども達のために料理も頑張る。でも、自分の食事は子ども達には真似して欲しくないことが増えた。一食抜いてしまったり、いつの間にか甘いものを食べ過ぎたり、夜遅いのにドカ食いしちゃう日も…。お母さんとして、私自身の食べるリズムを整えるために、何が出来る?

<私たちも楽しんでいます

家族の味噌汁に、勝手に乳酸菌玄米を入れています(笑)。何も言わずさっと出しても全く気付かれない!自分の学生時代は常に便秘だったなと。お腹は第二の脳、大事にしたいです。
(イーノ総務部:大城)

年齢とともにおなかの調子が気になり、市販の乳酸菌入りドリンクを飲んでいた友人。実は、甘すぎて糖分が気になっていたそう。ほんのり生姜風味がクセになるサクサク乳酸菌玄米を飲み始めたら、「毎日スッキリ快調」だと嬉しい報告♪
自分のことは後回しになってしまうお母さん達にこそ、リズム栄養食の新習慣で、ちょースマイルを応援したいです!
(イーノお客様担当:新垣)

楽しく美味しく食リズムを作る
実は、玄米LOVEの私。玄米の栄養が入った「サクサク乳酸菌玄米」はおすすめです。サクッサク食感の顆粒は、素朴な香ばしい味はお菓子のようなクセになる美味しさ。

玄米の栄養たっぷりの胚芽と糠(ぬか)の部分だけを発酵させているからローカロリー
いつでも自分の食のリズムに合わせて続けられます♪

乳酸菌玄米を続けている方のお声 ▶︎コチラをクリック

S様(60代・沖縄)<br>担当:玉井
S様(60代・沖縄)
担当:玉井

60代の女性のお客様から「今、おなかの調子がいいのは乳酸菌玄米のおかげ、続けて飲んで元気でいなくちゃ」と嬉しいお声をいただきました。家族や親戚行事で忙しい女性にこそ、おなかも元気で調子良く、いいリズムで過ごしてほしい。

私たちも、毎日実践しています!

手軽に食べられるストックは忙しいお母さんを笑顔に

自宅にあると安心、玄米じゅーしーや宮古島産黒あずき玄米ごはん。手軽で美味しくアレンジ自在、食べ切りサイズのレトルトパック(140g)。こだわりは、保存料、化学調味料不使用、着色料無添加。化学調味料が苦手な人にもおすすめ。

食事の時間は楽しい方がいい
色々考えて頑張って作っても、家族が食事を食べてくれないことはありませんか?
私も、心に余裕がない日は、食事時間がイライラタイムに。そんなある日の我が家では・・・

新垣 多美子(あらかき たみこ)
新垣 多美子(あらかき たみこ)

2024年スタート!お正月から美味しいものが多くて食べ過ぎたり、甘いものが増えたり…、食リズムが気になる方も増えています。食リズムについて気になる方はお気軽にご相談ください。

 e-mail :tamiko@e-no.com
 フリーダイヤル:0120-430-965

(平日9時〜夕方5時まで在籍)