沖縄和三盆糖

沖縄和三盆糖

■ 名称加工黒糖
■ 内容量500g
■ 通常価格1,200円
■ 賞味期限製造日から約6ヶ月
■ 保存方法直射日光、高温多湿を避け、常温で保存してください。
通常価格 1,200円(税込)
個数
原材料

粗糖、含蜜糖

昔ながらの製法で沖縄の自然の味と香りをお届けします。

製造方法を中国から学び、沖縄で黒糖が作られるようになったのは江戸時代の頃。以来、亜熱帯の気候を活かしたサトウキビの栽培が沖縄全土で盛んになりました。 耕地面積の半分にサトウキビが植えられていますが、その大半が上白糖などの原料となり、黒糖になるのはわずか5~6%ほど。現在では製糖工場もめっきり減り、限られた土地での昔ながらの製法でつくった黒糖は色、香り、味もさまざまです。

沖縄和三盆糖のこだわり
昔ながらの
沖縄黒糖
昔ながらの沖縄黒糖

収穫したばかりの搾りたてのサトウキビを地釜で炊き、煮詰めてつくる昔ながらの製法は黒糖そのものの味、香り、色にそまま反映されています。

上品な
口どけの良さ
上品な口どけの良さ

微粒子タイプの沖縄和三盆糖は、冷水にもサッと溶けるので飲み物から料理、お菓子作りまで、何にでもお使いいただけます。

栄養豊富な黒糖で健やかな毎日を!
栄養豊富な黒糖で健やかな毎日を!

サトウキビの汁を搾ってつくられた黒糖には、エネルギー源としての蔗糖をはじめカルシウム、カリウム、鉄分などのミネラルやビタミン類が多く含まれています。