【Let’s沖縄元気のたし算】食欲がないときは、健康プラス優しい飲み物で。

食べたいけど、疲れていて食欲がわかない
次の会議の準備のためランチをスキップ
気持ち悪くて食べたら吐きそう

そんな方へ ”Let’s沖縄元気のたし算” をご紹介します。健康をプラスして体にも心にも優しい飲み物で少しでも食べて元気になりましょう。
沖縄元気のたし算は、
・いつでもどこでも沖縄気分になれるもの
・大好きな飲み物や食べ物にちょっと足すだけ
・ムリなく健康プラス

苦いもので体を元気にする

疲れてる時やストレスを感じている時に、苦いものが欲しくなることはありませんか?ついつい引き出しに入っていたチョコレートやコーヒーで気分を紛らわすことが増えてしまう…。

そんな時に、沖縄ではゴーヤーだけでなく、フーチバー(よもぎ)、苦菜(にがな)など苦いものを摂ります。苦味は、体の熱を整えたり、冷ましたりする効果があると言われいて、夏を乗り切るには欠かせない食材です。
”Let’s沖縄元気のたし算” 苦いものも美味しくする工夫があります。

ゴーヤージュース

さっぱりしていて体に優しい
沖縄元気のたし算の計算式は

ちょっと苦いですが、それが元気のもと。少量で栄養も摂れるし、苦味で食欲も湧いてくるんですよ。

ホットなドリンクで朝の時間

食欲がない時でも喉を通りやすいのが温かいドリンク。白湯やミルク、お茶などゆっくりスーッと飲めるものがいいですね。
そんな時に沖縄では、玄米もドリンクして飲んじゃいます。
栄養まで手軽に摂れちゃうのが ”Let’s沖縄元気なたし算”です。

簡単なのでぜひやってみてください。

食欲がない朝にほっと一息できる、
おすすめ計算式は

カップに玄米の粉を入れて、少しずつお湯で溶かすだけ。玄米の栄養が摂れ、腹持ちがよく、トロトロ~っとほんのり甘さが楽しめる玄米ドリンクです。朝のおめざに欠かせないものになると思います。

少し甘めのドリンクでブレイク

甘いココアやカフェラテなど、甘いものが欲しくなる時は、エネルギーの元になる栄養素が足りない時。体や脳がエネルギーを早く取り戻そうとするためだそうです。
沖縄では、栄養補給に甘いものと言えば”黒糖”があります。
サトウキビからできた黒糖は、ミネラルいっぱいの体に優しい糖分です。
甘くてもヘルシーな ”Let’s沖縄元気なたし算” をご紹介します。


仕事の合間に、小腹を満たす『玄米ラテ』
少し、応用編の計算式です。

牛乳に玄米の粉を混ぜるだけでもいいですし、プラス黒糖やきなこを入れるのもおすすめです。一杯の玄米ラテを飲むと、心もほっとする大切な時間になるでしょう。15時のブレイクタイムにぴったりですよ。

健康プラスのスープで心と体リセット

食欲がない時は、ふわふわの卵雑炊やサラッとしたコンソメスープなどが飲みたくなる方に、いつものスープがより美味しく、さっぱり味に変化するゴールド・ウコンがおすすめです。

ゴールド・ウコンは、栽培期間中に農薬・科学肥料を使わずに沖縄の大地と太陽のエネルギーをたっぷり浴びて育った秋ウコン”琉大ゴールド”を使っています。有効成分がたっぷりで、食べた物の消化を助けてくれるので食べたあとの重たい感じもスッキリ。胃のムカムカや口の中もスッキリします。

手軽に健康をプラスした
『エスニックスープ』の計算式です。

お好みのスープにゴールド・ウコンを入れるだけ。スパイシーな香りがスープの味を引き立て、インスタントスープも美味しくなります。気持ちをゆるめたい仕事終わりに飲むのがいいですね。ウコンは、ショウガの仲間で体がポカポカしたり、リラックス効果もあるので手軽に摂ってほしい食材です。



食欲がない時でも食べたくなるものはありましたか?
少し食べるだけでも体は元気になるし、ちょっと気持ちもラクになれるかもしれません。少しでもやってみようかなと思っていただけたら嬉しいです。その時は、ぜひお声かけください。詳しい飲み方や新しいレシピなどもご紹介いたします。

♦︎玄米の粉 ”玄米しるしる”詳細はコチラ

♦︎ゴールド・ウコンのご購入はこちら
*詳しい内容も見れます。

この記事を書いた人

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: oshiromika-1-7.jpeg

e-noshop担当 大城美佳
「私、毎日ウコンゴールドをいただいています」ブログはコチラ
子ども3人の主婦歴17年、イーノ入社して20年、忙しい時でもちょっとした工夫で手軽にできるマイ健康スタイルを楽しんでいます。玄米ドリンクは私の朝のとっておきの一品になってます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました